大人の剣道上達法とは?

こんばんは!サラリーマン剣士のナオです。今回からサラリーマン剣士を名乗ることにしました。よろしくお願いします。さて、前回の記事では、剣道は体の柔軟性が重要であると、剣道初級者でありながら、偉そうなことを書いてしまいました。剣道教室に通っているのですが、どうも上達が遅いと感じるので、自主稽古に励むことにしました。こっそりと練習して、剣道の先生を驚かせたいと思っています。自主稽古のための教材を探していたのですが、良さそうな剣道DVDがありました。大人剣道上達プログラムという教材です。大人から剣道を始めた人を対象にしており、子供剣道とは、内容が異なるようです。まあ、私にピッタリの教材と言えるでしょう。大人剣道上達プログラムは林朗という師範が監修している剣道初心者のための教材です。林朗は約50年の剣道歴を持つベテラン剣士で、剣道の指導者として活動されている方です。すばらしい実績のある方です。私が大人剣道上達プログラムで学びたいのは、面への基本打突のコツ、小手に対する面打ちのコツ、基本の胴打ち稽古法、両足跳び素振りや股割り素振りの基本などです。林朗の大人剣道上達プログラムはDVDなので、何度も繰り返し見れるのがメリットですね。先生に習うと、何度も同じことを言わせるわけにはいきませんから。大人剣道上達プログラムには、林朗によるメールサポートがあって、質問に直接答えて頂けるということです。これは、大きなメリットですね。サポート付きの剣道教材ということで、初心者の私には嬉しい限りです。

剣道には身体の柔軟性が必要

こんばんは!ナオです。今日は剣道と身体の柔軟性をテーマに書いてみることにしました。最近、剣道の稽古をしていて思うことがあります。軽い悩みなのですが、私は体が固いという弱点があります。若いときからそうなのですが、身体の関節が固いのです。股関節や肩、手首の関節などです。まあ、自分では認識していないのですが、体全体が固いのでしょうね。剣道だけではなく、スポーツに共通して言えることだと思いますが、体の柔軟性は重要であると考えられます。柔軟性が高ければ、怪我の予防にもなります。私は体が固いので、捻挫することが多かったりします。剣道では竹刀を振り下ろすため、肩の関節が一番重要です。私の場合は肩の関節が固いので、素振りに変な癖があるようです。自覚症状はないのですけどね。剣道の先生がそうおっしゃっています。あとは、竹刀をさばくための手首ですかね。下半身では足首や膝、股関節などが足さばきに関係してきます。足さばきは有効打突を生み出すには欠かせないですからね。剣道では筋力よりも、体の柔軟性が大切なのですね。ですので、筋トレよりも、ストレッチに時間をかけています。また、剣道には礼法があります。正しい礼法も学ばなければなりません。武道には礼法がつきものなのです。

剣道の防具を揃える

こんばんは!ナオです。今回でブログを書くのは2回目ですが、少し慣れてきました。テンションが少し上がっています。本題ですが、剣道の防具について書いてみることにします。剣道をやるためには、竹刀と防具、袴などが必要です。防具袋という防具を入れる袋も販売されています。剣道具の専門店もありますが、店舗はあまり多くありません。近くに剣道ショップがない場合は、ネット通販が便利です。全日本武道具(ALL JAPAN PITCH)や剣道屋.comなどが、剣道の道具販売では有名です。また、楽天市場でも剣道具を扱うショップはたくさんあります。価格等、いろいろ比較できるので便利ですね。ショップのレビューも参考になります。剣道用具については、アマゾンではなく専門店のほうが種類も豊富で、選びやすいと思います。ホームページの説明も丁寧で分かりやすいですしね。剣道用具の購入は専門店がお勧めです。剣道の防具セットは安いもので、5万円前後の価格です。剣道の防具というと、匂いが気になると思いますが、最新のモデルだと、洗える甲手もあります。また、剣道着や袴もジャージ素材など扱いやすくなっています。剣道用具の形はそのままで、素材が進化しているのです。

剣道教室の探し方

みなさん、はじめまして、直人です。このブログではナオというハンドルネームを使おうと思います。普段は普通のサラリーマンをしています。よろしくお願いします。最近になって、何か習い事を始めようと思い、検討した結果、剣道をやることにしました。初めは、柔道や合気道などの武道もいいなと思ったのですが、高校のときに剣道の授業があって、思ったよりも面白かったので、剣道にしました。大人になってから剣道を始めるとは思いもしませんでした。子供の頃は水泳をやっていたので、剣道をやる余裕はなかったのですね。できれば、小さいときから剣道を始めるのがベターなのでしょうが、大人からでも剣道のイロハを1から教えてくれる剣道教室もあるので、私みたいなタイプの初心者剣士には大変助かります。だいたいどの地域にも剣道教室はあると思います。地域名を含めて、ネットで検索すれば、お住まいの地域の剣道教室を見つけることができます。なかには、子供だけを対象にしている剣道教室もあるので、確認する必要があります。最近は、少子化の影響もあって、大人と子供は一緒の場合も多いようです。他のスポーツと比べて、剣道が人気というわけでもないですしね。私はブログを通して、剣道の魅力を伝えていこうかと思います。